自社養蜂園は、広さ13アルケール(約39ヘクタール)、海抜800mの広大な自然あふれる山間部に位置しています。豊富に自生したアレクリンを主な原料としてミツバチが作る、通称グリーンプロポリスの主な収穫時期は1-5月頃です。プロポリスが無事に収穫されるまでの養蜂園の様子やブラジルでの暮らしぶりなどをご覧ください。 

 

2013年、養蜂園の土地購入10年目を迎えました。日本から養蜂園までは成田ーサンパウロ間で片道約30時間、サンパウロから養蜂園までが更に車で8時間と、往復6日近い距離。プロポリスに携わるようになってから、日本ーブラジル間=地球一周することかれこれ28回、好きでやってはいるものの、本当に遠いです。。。


◆ ブラジル ミナス・ジェライス 自社養蜂園