エルザ東京とは

◆ ミツバチを大事にしながら、プロポリスの生産から      販売までを手掛ける小さな会社です◆

 弊社社長である私は1959年に11歳で家族と共にブラジルに移住したため、結婚して3人の子供が生まれ1974年に26歳で日本に帰国した後も,

家族・親戚がいるブラジルと深い絆で結ばれていました。

 

 時が流れ、1996年に連れ合いを肺がん告知から3か月という短期間で亡くしました。病院で看病する以外に何もしてあげられなかったことが大変口惜しく、がんと戦う方法がもっとほかにもあったのではないか、もっと勉強し体にいいものを探してあげたら治ったのではないか、まだまだ何か出来たのではないかと後悔の念を抱きました。

 

 1998年にポルトガル語を活用し、プロポリスの原料買い付けの通訳としてブラジルを訪れるチャンスに恵まれ、プロポリス業界に携わるようになりました。プロポリスの素晴らしい効能を知れば知るほど興味が募り、もっと深く知りたくて研究を重ねていましたが、2000年の人間ドックで自分が甲状腺乳頭がんを患っていることが分かり、2003年春に手術を経験しました。

 

 プロポリスでガンと共存するため、自らの手で安心して飲める質の良いプロポリス作りを志し、買い付けで何度も訪れていたブラジルミナス州に、2003年の夏養蜂園用の土地を購入しました。 日本から片道約2.5日かけて足を運び、時には半年ぐらい現地に滞在しながら養蜂園を整備し、ミツバチの巣箱設置、土木工事、作業小屋建設、植林などを進めて参りました。自然を大事にしながら良質のプロポリス収穫のために蜜源植物を沢山増やし、ミツバチのための環境を整備してまいりました。現在はブラジル現地のベテラン養蜂家に巣箱の管理を任せ、収穫したプロポリス原隗を日本に輸出、日本でアルコール抽出した原液を濃縮し、カプセルに加工した後パッケージングし、卸・小売り販売をしております。原料の生産から販売までを自らの手で一貫して行うことで、身元の確かな製品を直接お客様にお届けしております。

 

 小さな会社ですが、10年以上かけてこつこつ環境を整えてきた自社養蜂園で良質のプロポリスを生産することが自慢でもあり、誇りでもあります。

 

今も甲状腺乳頭がんの検査を1年に1度受けながらがんと共存していますが、還暦を過ぎ、もうすぐ70才に手が届く今も、毎日元気に営業と畑仕事がこなすことが出来るのは、毎日かかさずプロポリスを飲んでいるおかげだと、わが子のように可愛いミツバチたちに日々感謝しながら過ごしております。

 

有限会社 エルザ東京

代表取締役社長 武井比呂子

 

プロフィール

一般社団法人 マテバシイと森の普及推進協会 非常勤理事
TC東京サードエイジ倶楽部 理事
ひがしかわ東京会 理事 

◆ エルザ東京の経営理念

巣箱から直接届ける販売経路を確立し、薄利多売ではなく適利少売で品質を維持する
無理のない経営(蜂に負担をかけない生産、押し付け販売をしない)をする
必要な人に、安全・高品質・良心的価格で出来る限り対面販売でプロポリスを提供する

◆ 会社概要

会社名

有限会社エルザ東京

代表取締役
武井 比呂子
所在地

●本社

〒404-0012 山梨県山梨市牧丘町室伏778

 TEL & FAX 0553-35-2976

 

●自社養蜂園
ブラジル連邦共和国 ミナス・ジェライス州  
敷地39ha 

 資本金

300万円

 設立

平成10年10月15日

取引銀行

三菱東京UFJ銀行 日本橋支店

ブラジル銀行 東京支店